tartarugaとはイタリア語で亀。この発音の響きがとても好きです。亀のようにの~んびりと、大好きなサッカーのことを中心に書いて行きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回はイタリア人のお宅で生活をしました。
地下鉄A線、Cipro駅(バチカン美術館)から徒歩5分というとても便利なところにあり、
近くにはスーパーがあり、美味しいジェラート屋さんもあって快適に過ごすことが出来ました。

どんな家族構成かということを前もって学校から教えてもらっていたのですが、
そこにはママと5歳の息子さんの二人暮し。と書いてありました。

しかし、いざインターホンを押すと、男性の声がっっ驚き
あ、パパが来ているのかしら?と勝手に想像し、部屋の前に。
緊張しながら「Piacere」と挨拶をして、中に入ると、
ママが「今はね、息子はパパのところに行っていていないのよ」

ってことはこの人は誰?  fidanzatoでした。
ママと息子ちゃんにしかお土産買ってなかったからあせったーーー。

2週間の滞在中、彼はよく来て、一緒に食事をし、話をしました。
運良くロマニスタで、サッカー話で盛り上がったんだけど・・・・
アクイラーニのことはボロクソに言われたぐすん…
ちなみに彼はビルガの近所に住んでいて仲が良いって言ってました。
ビルガ知ってるよ。って言ったらビックリしてました。
トリゴリアに行ったとき、近くで見て、ビルガもなかなかイケメン君でした。

ホームステイ先ではほとんど英語が通じないので、必死にイタリア語で会話に挑戦。
授業よりも、「勉強した」って充実感があったような気がします。
言われてることは理解出来ても、返す言葉が出てこなくてねえ。
文法も大事だけど、単語力も必要なんだわ。と改めて実感。

ここのママは食事がとにかく美味しくて、毎晩楽しみで仕方ありませんでした。
パスタを毎日変えて、時にはリゾットを作ってくれたり、
セコンドは魚・肉と毎日交互に作ってくれて、とにかく Buonissmo!!

よくサッカー選手(ピッポやトッティ)が
「マンマのパスタしか食べれない」っインタビューで語っていて
その時は「全くマザコンねえ~」としか思って読んでなかったけど、
いやいや、この言葉は嘘じゃないって今回わかりました。
小さい時から家で美味しい料理を食べてたら、そりゃマンマが最高!って言うでしょうってね。

あとチーズが家にたくさんあるのに驚き。(イタリアなら当たり前なんでしょうけど)
今回初めてスカモルッアというチーズを食べました。
モッツレラチーズの水分を抜いたような感じなのですが、
焼いてトマトソースをかけたり、きのこのソテーと一緒に食べたり。美味だったわ。

あとPassataというトマトソースが万能選手ってことも知りました。
日本に売ってるトマトソースとは違うんだよね。

朝は、いきなり甘いクッキーが出てきたり(ホテルでもあるけれど)、でも美味しいのよね。
でも私が一番ハマっていたのはココナッツのヨーグルト。
yogurt.jpg
チョコレートクリスピーを混ぜて食べると美味しいのなんのって!
yogurt1.jpg
チョコがサクサクしていて、甘くなく、絶妙にヨーグルト味とあうのですよ。
ホテルではフルーツ系のヨーグルトしか食べたことないから、これは新しい発見でした。

週の途中、ママと恋人が2泊3日で海に行っちゃったので、色々料理をして楽しんでました。
しかし、見知らぬ人を置いて出かけちゃうって感覚は日本人にはないでしょうね。

お家の台所が可愛くて私は好きでした。
Cucina.jpg

ママはとにかく働きもので、仕事して、家事もして、
あ、電話も大好きでしたね(笑)

息子ちゃんは最後の日にバカンスから戻ってきて1日だけ一緒にいました。
5歳のやんちゃ盛りで、悪さばっかりして。
ああ、良かった、最後の日だけで。

貴重なホームステイ体験でした。
イタリア人の気質もすこ~しわかったような気がするし。
2週間で何がわかるの!!と言われそうだけど。。。。

で言葉の壁はあっても、お互いが分かり合おうとすると
不思議なものでわかりあえる。これって素晴らしいなあと思いました。

再会を約束してお別れしました。
2009.08.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://profuma7.blog76.fc2.com/tb.php/13-012cbafb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。